世界全体の設定集です。細かい用語や組織などの設定集はこちら

設定はノリと思いつきで生える※何か思いつき次第加筆していく

八百八郷(ハッピャクヤキョウ)

トンチキまぜこぜ和風世界

当創作の舞台となる場所。星とも国とも都市とも言えないような土地なので、≪サト≫としている。

和風っぽい要素にノリで洋やファンタジー的なものを混ぜたり、自然も都会もあり、妖怪みたいなものがいたりと、とにかくノリで詰め込んだ感じのトンチキエセ和風世界です。

決めてること

『ヒト』と『化妖(ばけよう)

八百八郷はっぴゃくやきょうでそれなりに共存している2種族

ヒト



化妖(ばけよう)


※メタ補足:概ね『あまねく人外的なものを雑にひっくるめたもの』。独自設定を色々付けているし割となんでもアリだし、そこそこヒトに近い存在なので≪化妖ばけよう≫という独自名称を設定している。

化妖(ばけよう)詳細

基本性質



変化(へんげ)能力について

どの化妖ばけようも持っている基本的な能力。ただし、何にでも自由に姿を変えられるわけではない。

変化へんげの基本

変化へんげの維持

変化へんげ後の身体機能




その他の能力について

変化へんげ能力を応用し、魔法のような力を扱える

能力の応用

そんな化妖の能力を応用し、道具などに力を込めることでヒトにも類似の力を扱えるようにする研究≪化学ばけがく≫が近年急速に発展し、ヒトの生活を豊かにしている。
化学ばけがくについて

化妖ばけよう化妖ばけようと判別できる

姿かたちがどんなものであれ、化妖ばけよう化妖ばけようを見分け、個を認識することができる。(見分けるというより、感じ取ることができるという表現が適切。ヒトの感覚では説明しにくい)



化妖の出生について

化妖ばけようの出生は(世界常識としては)未だ謎に包まれている

(小声)描き手としてもまだちゃんと確定させていない。以下は現在主流の説である。




化妖の寿命について

ヒトとは異なる生命維持の仕組み


※心が朽ちる・枯れる とは


化妖ばけようの死にかた

まだあまり考えてないけど多分化妖ばけようそれぞれに違った死の形がある。死体として残ったり消滅したり。




化妖の社会的立ち位置

化妖ばけようと社会の歴史


現在のヒトから見る化妖ばけよう

当創作のメイン年代(洛歴990年代)町中で化妖ばけようを見かけた時の感覚は、現代日本人が日本で外国人を見かけた時の感覚に近い。目を引くが、特別騒いだりするわけでもない感じ。

ヒトのようにしか見えない外見の化妖も多いため、気付かれないことも多い。

一方、未だに根強い偏見や反化妖ばけよう団体も存在する。物の怪被害と混同されることもあり、化妖ばけようの犯罪者や容疑者は色眼鏡で見られやすい。また、地域によっても化妖ばけように対する認識にバラツキがある。




その他設定メモ





表記メモ

  • ヒトは≪ヒト≫または≪ニンゲン≫のカタカナ表記で統一
  • この世界では≪人≫という字をヒトに限定しない
  • 『本人』『一人』『人望』『人生』『人脈』のような『人』の付く言葉はヒトと化妖ばけようを包括する意味で使われる

(人外込みで頭数カウントする時などに『XX人』という言い回しを使うことについての違和感を解消するためです)(という表記規則で扱っているが、表記ミスすることもあると思います。気付き次第修正します)


土地について

地形


気候


地域/区画

東西南北どの地域も基本的な部分は同じだが、それぞれ生存テーマのような特色がある。
(ぶっちゃけると「そういうのがあるといいな~」程度でまだざっくりとしかイメージしていません。)


八洛(はちらく)


不知山(シラヅヤマ)

八百八郷はっぴゃくやきょうのシンボル。中心にある巨大な赤い山。アカフジとも呼ばれる。
本来不知山しらづやまが見えないような遠い場所であっても、霧が出るとぼんやりと山のシルエットが浮かぶという不思議な現象が起きる(当たり前の現象すぎて一般人は特に気にしていないが、この分野を研究している人も多い)


陸船(おかふね)

八百八郷はっぴゃくやきょうの各地に存在する遺跡。 陸地のど真ん中に存在する奇妙な廃船である。
八百八郷はっぴゃくやきょうが数多の島に分かれていた古代に海を渡っていたとされている。謎の自然現象≪大陸結合≫の影響で陸地に取り残され、そのまま放置され今に至る。
都市部に近い≪陸船おかふね≫の中には、周辺整備され観光地になっているものも。

社会・文明などについて

全体的に『数百年前はかなり未発達だったが、近年は化学ばけがくの発展によって急速に充実してきた』分野が多い。

化学(ばけがく)

ここ100年ほどで発展した新しい技術

化妖ばけようだけじゃなく、ヒトにも特殊な力が使えるようになる技術・その学問。

化妖ばけようの持つ能力を借り、その力を込めた道具を介することで扱うことができる。火や水が扱いやすくなったり、生産に機械的なものが導入できるようになったり、とにかくあらゆる分野に活用できる。
ヒトと化妖ばけようが協力して進めている分野の研究であり、近年急速に普及し、八百八郷はっぴゃくやきょうの生活を豊かにした。

まだまだ発展途上で、分かっていないことも多い。当然やろうと思えば危険な発明など悪用もできてしまうため、様々な法規制が敷かれている。
中でもヒトや化妖ばけようの身体構造を直接変化させるような研究は禁忌とされている。
(非人道的行為抑制のためであるが、医療分野との兼ね合いで色々ややこしく議論がなされていそう)

メタ寄り補足

生活やインフラ他、色々便利に理由付けするための設定である。

ざっくり言えば超絶スーパー産業革命が起き、百余年前までは江戸時代くらいの水準だった生活が一気に近代的になった。(現実現代で言えば)機械や科学技術的なものが化妖ばけようの力で可能になったイメージ。

メタ的に言えば照明や衛生面などを現代寄りにすることで色々扱いやすくするための設定です。※現代ほど発展しきってはいない まあ丁度良いファンタジー塩梅くらい


インフラ

八百八郷はっぴゃくやきょうに数多ある川や運河を用いた交通・物流がインフラの中心。


通信

通信は未だに手紙が主だが、化学ばけがくの発展に伴いやり取りは比較的早くなった。
ほか、空を飛べる化妖ばけようの協力によって遠距離リアルタイム通信もできるようになっている。(※現代日本の電話ほど便利ではなく、時間や手間がかかる)


建築

建築様式は概ね和風・日本家屋っぽいもの。しかし、多くの建物が集まる町中の建築物は非常にカラフルに塗装されている。
理由は土地/気候にあるように≪霧がよく出る≫ため。霧が出ても家屋が見分けやすいように塗装する文化が発展した。

メタ寄り補足:作ってる人がポップめな和風世界や海外のカラフルな家が好きなので、この2要素を両立させるために≪霧がよく出る≫土地設定になったらしいですよ


通貨・経済

貨幣経済をやっている。100年以上前は地域によって何種類かの貨幣が使われていたが、ここ100年で統一された。

統一通貨単位:束(ツカ)

10枚1セットの基本通貨。穴が開いている細長い札で、束ねられるようにできている。
不知山しらづやまがモチーフになっており、『つか』は字の通り束ねる貨幣という意味・山の形を表す象形的な意味がある。

数え方:一束(ひとつか)、二束(ふたつか)、三束(みつつか)、四束(よつつか)、五束(いつつか)、六束(むつつか)、七束(ななつか)、八束(やつつか)、九束(ここのつか)、十束(とつか)
…といった具合。「つ」が2音連なっているものは省略する派としない派がいる。(「よつつか」派と「よつか」派がいる。)

(ゴウ)

つかをバラした最少一本の単位。ごく安いものや細かい支払いに使用する。

萬束札(マンツカフダ)

1万つか分の価値がある木札。


政治・司法・倫理

※現状全部メタテキスト(後でちゃんと整備したい)

ぶっちゃけまだあまりしっかり考えていない。
現状王様や帝・世界の主的な概念は想定していない。ふわっとさせておきたい気持ちもある。必要になったら作るかもしれない。貴族はいると思う。

ただ、中心地である八洛はちらく(都)には洛主らくしゅと呼ばれる総合リーダー的存在はいそうだと思っている。あと東西南北八卦で地域を分けたので、それぞれ計8人のリーダーがいると非常にアガる。良さそう。いてほしい(ジムリやジャンプマンガあるあるの部隊長概念みたいなのがあるとうれしい)

法律についても上記のようにあまりしっかり考えていないが、一般的な常識や倫理観は現代日本と近しいイメージ(その方が運用しやすいため)※文化や環境の土台が違うため、異なる常識や倫理観もあると思う


宗教

数百年前までは宗教が大きな力を持っており、社会的にも必要とされていた。
現在は化学ばけがくの発展によって社会が豊かになり、信仰を主とする思想を必要とする人々が少なくなったため、廃れつつある。


教育・医療

こちらも化学ばけがくの登場によって飛躍的に進化。直近100年で目覚ましい発展を遂げ、教育を受けられるヒト(化妖ばけようも)の数は飛躍的に上昇している。識字率も非常に高い。

一方で、発展し始めてから年の浅い分野であるため、諸々がしっかり行き届いているわけでもない。
(メタ補足:ある程度ムラがあった方がフィクション的に色々考えやすいかな~的な感じなのでここもまだしっかり考えてないです。)

虫食い年表

マジでまだざっくりとしか決まってない。思いついたら穴埋めしていきます。
八洛(世界の中心となる地)成立前を洛前・成立後を洛後として数える。西暦とかと同じシステムだと思う

細かい年数はダイスで決定(一部除く)

洛暦(らくれき)

まとめ

八百八郷(はっぴゃくやきょう)とは